ファインベジオーガニックチップス6種

Policy こだわり

■ JAS認定「国産」有機野菜100%使用

 「ファインベジ オーガニックチップス」で使われている「JAS認定有機野菜」。
 皆さんは「有機野菜」と聞いて、どんなイメージを持たれますか?
「安全」「美味しい」「値段が高い」といったイメージを持たれる方が多いのでは
ないでしょうか。実際に、「有機野菜」とはどんな野菜なのでしょう。

 「有機野菜」は、農薬や化学肥料には頼らず、「自然(太陽・水・土地・大気)」や
「そこに住む生物」と調和し、それらの持つ力を活かしながら栽培された野菜です。
「有機JAS規格」では、「有機農産物の生産の原則」を次のように定めています。
農業の自然循環機能の維持増進を図るため、化学的に合成された肥料及び農薬の
使用を避けることを基本として、土壌の性質に由来する農地の生産力を発揮させる
とともに、農業生産に由来する環境への負荷を出来る限り低減した栽培管理方法を
採用したほ場において生産されること。
また、「有機農作物の生産方法の基準(ポイント)」として、次の2点を挙げています。
● 堆肥等による土作りを行い、播種・植付け前2年以上及び栽培中に
   (多年生作物の場合は収穫前3年以上)、原則として化学的肥料及び農薬は
   使用しないこと。
● 遺伝子組換え種苗は使用しないこと



 このような生産基準を満たしていることを、登録認定機関により認められた
事業者のみが、「有機JASマーク」を使用することができます。
 日本国内における農産物の総生産量のうち、JAS規格に適合していると
認められたものはわずか0.25%(平成26年)。このように、「有機JASマーク」が
貼られた野菜は、とても貴重なのです。





 この貴重な「有機野菜」の生産者さんたちですが、(原則として)農薬や化学肥料を
使わない「有機栽培」ゆえのデメリットも抱えています。
 まず、堆肥作りや除草などに手間がかかります。また、虫食い・形の悪さ・
サイズのバラつき。こういった「規格外」の野菜の割合が高くなり、収益性を低下させます。


 しかし、生産者さんたちはそれぞれに「思い」を持って野菜を育てられています。
「農薬や化学肥料漬けの農業への疑問」、「安全で美味しい野菜を届けたい」、
そして「自然と共に」・・・




■ 添加物フリー



 約900名の犬の飼い主様に、「ワンちゃんにおやつを与えているか」聞いたところ、
約8割の方が「与えている」と回答しました(当社調べ)。
 多くの方が与えている「おやつ」。しつけ時のご褒美として与えたり、栄養補助として
与えたり、ストレス解消のために与えたり・・・そして何より、喜んで食べている姿は
とても可愛く、見ているこちらもつい笑顔になってしまいますよね。
「おやつ」は、ワンちゃんとのコミュニケーションを深めるためにピッタリのアイテムです。






 ワンちゃんの「おやつ」を買うとき、「原材料」をチェックしますか?
その「おやつ」には、どれだけの添加物が入っていますか?
もちろん、使用が認められている種類・量の添加物しか入っていない筈です。
また、添加物が入っているからといって、一概に「悪い」とは思っていません。
しかし、添加物を入れる目的は、色合いをよく見せたかったり、長持ちさせたかったりと
いった人間側の都合です。
中には、危険性が指摘されている添加物があるのも事実です。





 本来、飼い主様とワンちゃんが共に「笑顔」になるための「おやつ」なのに、
安全性に不安を感じながら与えたくはないですよね。「ファインベジ オーガニックチップス」は、
大切な家族であるワンちゃんに安心して与えることができます。
全国各地から取り寄せた旬の「JAS認定『国産』有機野菜」を、手作業でていねいに加工しています。
洗って、スライスして、じっくり乾燥させて・・・。
野菜のよさを最大限に引き出すために、その野菜に最適な方法で製造しています。
その間、保存料や着色料などの添加物は何も加えません。
「鮮やかな彩」「パリッとしたっ食感「栄養」とそざいの良さをそのままぎゅっと閉じ込められる、
山口大学農学部らチームが農水省プロジェクトで研究開発した「乾燥法」を活用しています。




Variety 種類

ニンジン カボチャ トマト サツマイモ ゴボウ

カロテンをたっぷり含んでいて、色鮮やかなオレンジ色が特徴の
ニンジン。乾燥するとフリル状になり、その形が花びらのようだと
人気です。有機のニンジンはとても甘く、乾燥させることでさらに
甘さが凝縮されます
ニンジンの美味しさを、より感じることができるチップスです。


原材料国産有機ニンジン
粗たんぱく質7.6%
粗脂肪1.4%
粗繊維8.0%
粗灰分6.8%
水分1.4%
エネルギー374kcal/100g
皮まで栄養満点のカボチャ。皮も一緒に乾燥していますので、
皮に多く含まれるカロテン・食物繊維を余すことなく摂取できます。
緑色とオレンジ色のコントラストと、カボチャ本来の甘さを、
目と舌でじっくりと味わっていただきたい、そんなチップスです。



原材料国産有機カボチャ
粗たんぱく質8.1%
粗脂肪2.3%
粗繊維5.7%
粗灰分5.6%
水分5.1%
エネルギー379kcal/100g
真っ赤な完熟トマトを使用。トマトの赤色は、リコピンがたっぷり
含まれている証拠です。
トマトが持つ「酸味」と「甘さ」をギュッと凝縮しました。
トマトの魅力あふれる、とてもおいしいチップスです。



原材料国産有機トマト
粗たんぱく質10.1%
粗脂肪1.3%
粗繊維6.8%
粗灰分6.5%
水分3.5%
エネルギー367kcal/100g
おいしいだけじゃなく、ビタミンCや食物繊維が豊富に
含まれるサツマイモ。「紅系サツマイモ」、「安納イモ」、
「金時イモ」など、日本各地から取り寄せた、さまざまな
品種のサツマイモを使用しています。色もさまざまで、
見た目にも楽しいチップスです。


原材料国産有機サツマイモ
粗たんぱく質2.8%
粗脂肪1.0%
粗繊維2.0%
粗灰分2.3%
水分4.1%
エネルギー379kcal/100g
「食物繊維」が豊富なことで有名なゴボウ。それ以外にも、
「ポリフェノール」や「イヌリン」などが含まれています。
ザクッと食べごたえのある食感に、ゴボウの旨みと
風味がぎっしり詰まったチップスです。



原材料国産有機ゴボウ
粗たんぱく質11.6%
粗脂肪1.2%
粗繊維6.0%
粗灰分5.0%
水分4.0%
エネルギー378kcal/100g
加工前も加工後も、その鮮やかな紫色は濃く、観ているだけで
元気になるムラサキイモ。その紫色はアントシアニンが豊富な証拠。
乾燥による味や成分の凝縮により、とてもおいしく、栄養豊富な
おやつです。



原材料国産有機ムラサキイモ
粗脂肪1.2%
粗たんぱく質4.1%
粗繊維2.5%
粗灰分3.2%
水分3.8%
エネルギー378kcal/100g
検査依頼先: 一般財団法人 日本食品分析センター
2016年4月調べ

  Process 工程




             全て"JAS認定「国産」有機野菜"使用。                    泥をしっかりと、洗い流します。
             味が濃くて、栄養豊富、安心安全です。



















             「仕上がりサイズ」、「パリッとした食感」、                こだわりの「17時間」。
             「鮮やかな彩」になるよう、野菜の特性を                  作業効率を考え、退社直前に乾燥スタート。
              考慮したスライス等の乾燥前準備をします。                翌日出勤するまで乾燥させます。
                                                  水分量・色・かたさなど、何もかも異なる野菜を、
                                                  きっちり「17時間」で理想の形に仕上げます。                           もちろん、カボチャの皮
                       サツマイモの皮などの
                       栄養満点な部分も
                       捨てずに使いますよ。













              1つずつの商品に「商品ID」を付けて、                   こうして
              「原材料の生産地」、「加工日」など                   「ファインベジ オーガニックチップス」の
              すべて追跡できるように管理しています。                  完成です。
ファインべジオーガニックチップスのお求めはこちらから